讃岐の殉教者
    アントニオ石原孫右衛門父子像

 ○ 桜町教会創設50周年を記念し、讃岐の殉教者「アントニオ石原孫右衛門と息子フランシスコ」を顕彰するための石像建立を計画。桜町教会信徒のドミニコ安部重竹氏に制作を依頼、2007年(献堂50周年)8月15日に除幕・祝別。建立にかかる費用500万円を特別募金を実施。(2005年3月13日臨時信徒総会で承認)
 ○  2005年12月24日安部氏の工房を訪問



 ○  2006年8月26日安部氏の工房を訪問



安部氏が使用される工具

故ステファノ安部政義氏(安部重竹氏の御尊父)氏作成の原型



 ○  2006年10月24日牟礼町石の民族資料館に展示




 ○  2007年7月4日安部氏の工房を訪問




 ○  2007年7月26日安部氏の工房を訪問(説明文を確認)




 ○ 2007年8月12・13日台座設置の様子
12日


13日

設置前の様子(シュロの木は2本とも撤去)



 ○  2007年8月15日除幕・祝別式
幕で覆われた父子像

除幕式を前に子どもたちによる殉教劇が上演された


溝部司教司式による除幕・祝別式





  2007年9月16日撮影

2008年4月20日撮影